ホーム

東横線お役立ちコンテンツ:東横線中毒

更新履歴

  • 2008/1/20 サイトリニューアル

狙い目の不動産はここ!

狙い目の不動産はこちら

お部屋を探している方は当然きれいな物件に住みたいと思います。

お客様からは 「なるべく新しい物件がいいなぁ~せめて築10年位ないかなぁ~~!?」 とよく言われます。 もちろん私も新しい物件の方がいいですが、意外と築年数の経っている物件も狙い目なんです!!!!

というのは、入れ替わりの際にクロスの貼替えやクリーニング等のリフォームは行いますが、設備品の取り換え等はなかなか行いません。リフォーム代金が高くなってしまいます。

しかし設備品等は老朽化によって使い方にもよりますが、だいたい15年位、きれいに使っていれば20年位経ってくると交換の時期です。修理をしても別の個所が故障したり、修理したくても部品が生産中止になっている場合もあります。

設備品は次々と新しいものが出てきます。 それに時代とともに生活スタイルも変わってきます。 築年数は経っていてもお部屋の中は新品。キッチン・トイレ(ウォシュレット付)浴室(追い炊き付に変更)・エアコンなど全部新品。 和室を洋室に変更・使いづらい間取りを使い易く間取変更といった物件もたくさんあります。

築10年、設備は新築のときのまま。

築20年、設備は全部新品!間取りも使いやすいように変更!!

築20年が狙い目だなんて目から鱗な話ですね!!!